動画素材のファイル形式の色々

様々な方法で動画素材が製作可能となりました。元々はデジタルビデオカメラによる本格的な方法が主でしたが、最近ではカジュアルなツールでも動画素材が作れます。むしろアマチュアのユーザーなら、スマートフォンやデジタルカメラ、タブレット等で撮影する事の方が多いはずです。撮影される機器、そして編集する過程などで動画素材のフォーマットは変わります。

一口に動画素材といってもファイル形式は様々です。それぞれに良い点と特徴がありますので、臨機応変にシチュエーションに合わせて使い分けましょう。

AVIという形式がWindowsユーザーの間では盛んに利用されています。少しメインストリームからは外れているかもしれませんが、動画形式の中では非常に知名度が高く、パソコンの標準仕様のプレイヤーでもスムーズに再生可能です。汎用性に優れており、手軽に扱えるのが利点であり、欠点は特に見当たりません。

MPEGという動画形式があります。これは動画素材そのものではなく完成された作品に多く見られます。市販品のDVDやブルーレイレの動画形式は主にMPEG系です。著作権が厳格に保護されており、そもそもルールの関係で市販品のDVD等を動画素材にするのはNGとなります。

そして最後にMP4と呼ばれる動画素材の形式があります。スマートフォンやタブレットのカメラアプリで動画素材を撮影すると、近年この形式になりやすいです。現行、最もポピュラーな形式になったとも言われており、いわゆる家電製品からパソコンまで最近発売された製品なら、特別な変換をしなくても再生、視聴可能です。

汎用性に優れており、画質と音質が他の形式よりも優れているため、作品の素材として使い勝手は最も良好となります。気になるポイントとしては他の形式よりも容量が大きくなりがちな点です。そのため、スマートフォンやタブレットに大量に保存すると、端末の容量が不足しやすいため、定期的にクラウドにアップしたり自宅のパソコンのHDDに転送するようにしましょう。

フリー動画素材をダウンロードする方法

最近では初心者でも手軽に動画を作成・編集できるようになりました。昔は動画は初心者が作成するには難易度が高いものでした。なぜ動画を手軽に作成・編集できるようになったのかというと、技術が進歩して素人向けのソフトがたくさん登場したからだと思われます。

一番簡単に動画を作成する方法は、スマートフォンで動画を撮影するということになるでしょう。作成した動画はそのままブログなどにアップロードすることもできますし、パソコンに移動させて編集ソフトを使って編集することもできます。とはいっても、インターネットに上げてしまうと世界中のだれもが見られる場所に動画が置かれることになります。自分や友達の動画をアップロードするときには慎重になるべきです。

自分や友達の顔をインターネット上にあげたくないときや、著作権の問題などが気になるときには無料の動画素材を利用することがおすすめです。無料の動画素材とはいっても完全に自由に使えるわけではないので注意しましょう。「商業利用は禁止する」といったように規約が書かれているはずです。フリー動画素材のサイトを利用するときには必ず規約を読んで、禁止事項に該当しないように気をつけましょう。

「著作権フリーで商用利用も可能」とはっきりと書かれているサイトを選んでおくのが無難です。なにも書かれていない場合には、無断で著作権がある動画を使用している可能性もあります。著作権がある他人の動画をダウンロードしてしまい、自分のブログに上げたら著作権違反などで訴えられたという話も耳にします。初心者の人はなるべく知名度が高く、インターネット検索で上位に来るようなサイトを利用するようにしましょう。

ブログやサイトに動画を使用することでインパクトがぜんぜん違ってきます。自分のサイトをより魅力的なものにするために、動画はもはや必須ツールとも呼べるようになってきています。動画をうまく使えるかどうかが、サイトへのアクセスを増やすための1つのポイントです。