動画素材のファイル形式の色々

様々な方法で動画素材が製作可能となりました。元々はデジタルビデオカメラによる本格的な方法が主でしたが、最近ではカジュアルなツールでも動画素材が作れます。むしろアマチュアのユーザーなら、スマートフォンやデジタルカメラ、タブレット等で撮影する事の方が多いはずです。撮影される機器、そして編集する過程などで動画素材のフォーマットは変わります。

一口に動画素材といってもファイル形式は様々です。それぞれに良い点と特徴がありますので、臨機応変にシチュエーションに合わせて使い分けましょう。

AVIという形式がWindowsユーザーの間では盛んに利用されています。少しメインストリームからは外れているかもしれませんが、動画形式の中では非常に知名度が高く、パソコンの標準仕様のプレイヤーでもスムーズに再生可能です。汎用性に優れており、手軽に扱えるのが利点であり、欠点は特に見当たりません。

MPEGという動画形式があります。これは動画素材そのものではなく完成された作品に多く見られます。市販品のDVDやブルーレイレの動画形式は主にMPEG系です。著作権が厳格に保護されており、そもそもルールの関係で市販品のDVD等を動画素材にするのはNGとなります。

そして最後にMP4と呼ばれる動画素材の形式があります。スマートフォンやタブレットのカメラアプリで動画素材を撮影すると、近年この形式になりやすいです。現行、最もポピュラーな形式になったとも言われており、いわゆる家電製品からパソコンまで最近発売された製品なら、特別な変換をしなくても再生、視聴可能です。

汎用性に優れており、画質と音質が他の形式よりも優れているため、作品の素材として使い勝手は最も良好となります。気になるポイントとしては他の形式よりも容量が大きくなりがちな点です。そのため、スマートフォンやタブレットに大量に保存すると、端末の容量が不足しやすいため、定期的にクラウドにアップしたり自宅のパソコンのHDDに転送するようにしましょう。